img

外反母趾

薬&健康情報

外反母趾は親指がくの字に曲がり、付け根と靴がこすれて痛む症状のことを言います。

初期の外反母趾の親指の角度は10~15度で、ほとんど痛みはありません。
20度以上になると、親指がくの字に曲がり親指の付け根が大きく飛び出てこの部分と靴がこすれて痛みが生じます。一度親指の変形が進行すると、元に戻りにくくなります。

外反母趾は男女比1:10と圧倒的に女性に多く、軽い例も含めると中高年の女性の役半数が悩んでいるともいわれています。外反母趾が女性に多い理由は、足の関節が柔らかく筋肉も少ないため足が変形しやすい、ハイヒールやパンプスなど男性に比べて足に負担がかかりやすいためです。

対処法には以下の方法があります。

1. 自分にあった靴で傷みをやわらげる
外反母趾になったときに、同じような靴を履いていては症状が悪化する一方です。 サイズや横幅、かかとのフィット感など自分にあった靴を選びましょう。

2. 足の体操を行う
足の指を引っ張ると角度が元に戻るような初期の外反母趾の場合は体操を行いましょう。

3. 病院で診察をうける
足の親指が曲がっていたり、足と靴が擦れて痛い時、靴を履かなくても激痛が走るよなときは、だいぶ悪化していると考えられます。早急に受診しましょう。

日頃から歩く姿勢に気を配り、靴の選び方に注意するなど、外反母趾にならないよう気をつけましょう。