img

世界糖尿病デー(World Diabetes Day)

11月14日は世界糖尿病デー(World Diabetes Day)です。
インスリンを発見したカナダのバンディング博士の誕生日であり、糖尿病治療に画期的な発見に敬意を表し、世界糖尿病デーとして制定されました。

世界糖尿病デーは、世界160カ国から10憶人以上が参加する疾患啓発の日となっており、この日を中心に全世界で行われる糖尿病啓発キャンペーンは、糖尿病の予防や治療継続の重要性について周知する重要な機会となっています。

世界糖尿病デーのキャンペーンに用いられる青のブルーサークルは、どこまでも続く空を表す「ブルー」、団結を表す「輪」をデザインし、「糖尿病との闘いのため団結せよ」というキャッチフレーズとともに、シンボルマークとして用いられます。

2016年に実施された糖尿病実態調査によると、日本には「糖尿病が強く疑われる人」、「糖尿病の可能性を否定できない人」が約1000万人ずつおり、合計で総人口の15%を超える約2000万人の糖尿病患者および予備軍がいると推定されています。

糖尿病は痛みなどの自覚症状が少ないことから、疑いがありながら治療を受けないケースが多くあります。
糖尿病の診断、治療の遅れは合併症発症リスクを高めます。
規則正しい食生活を心がけ、糖尿病が疑われる場合は早めに医療機関を受診しましょう。